--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |


2016/02/15(月)


もう2月も半ばですが、年末年始のお話を少し。



■さくのお誕生日
前回のエントリーでも触れましたが12月9日はさくたろうのお誕生日でした。
ケーキを買ってお祝いをしました。

いまも変わらぬさくへの思いを胸に大切な時間を過ごしました。

そんなさくたろうにとても綺麗なお花が届きました。
そしてそのお花には一枚の手紙が添えてありました。



読んでみてビックリ!手紙はさくたろうから僕らに宛てられたものでした。
何とも心の温まるサプライズで僕たちもとても嬉しい一日になりました。
本当にありがとうございました。

そしてこの日に起こった驚くべき事がもうひとつ。


■さくたろうがテレビに出ました!

実はすこし前に某ドラマで猫写真の募集が行われており
さくたろうの写真を応募していたのですが
この日に放送された回に採用されたのです。

残念ながら僕らの住む関西では放送がなかったので
僕らはオンデマンドで視聴していたのですが
突然画面にドドーンとさくたろうの寝顔が映し出されてびっくりしました。

自分で応募しておきながらなんですが
まさか採用されるとは思っておらず、応募したことすら忘れていました。
ましてやさくの誕生日にこのようなことがおこるなんて。
現代における奇跡なんだと思いました。

ドラマもとても心温まるストーリーで
内容も役者さんも主題歌も大好きだったので本当に嬉しいです。
DVDが発売されたら絶対に買おうと思います。


■迎えたお正月。
sakuphoto160202.jpg

昨年プレゼントしていただいた「お正月さくたろう」のおかげで
お正月も楽しく過ごすことが出来ました。
本当はずっと飾っておきたいけれど年に一度こうやってあえるのも楽しみのひとつです。

とまあこんな感じで年末年始を過ごしておりました。
こうやってみると色んな人に支えてもらっていることにあらためて感謝です。

更新がままならずコメント欄で近況を報告したりしてしまっていますが
こんなブログでも誰かの役に立てれば幸いです。

そうした繋がりもすべてさくたろうが僕らに残してくれた大切なもの。
これからもきっとこうやって、色んな人に支えてもらいながら僕らのネコライフは今年も続いていきます。


今年も素敵なネコライフを



ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村





そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:2 | top |

  12月9日


2015/12/09(水)


12月9日といえばさくが生まれた日



今年もケーキを買ってお祝いです。

ここ最近はとても冷え込んできました。
夜寝るときに布団に入ると
いつも一緒に眠っていたさくのことをよく思い出します。
あの時のやさしい感覚は今も僕の手の中にしっかりと残っているのです。


今日も素敵なネコライフを




ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村





そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:8 | top |


2015/11/24(火)


いつの間にか夏はとっくに過ぎ去って
朝晩と冷え込む日も増えてきました。
sakuphoto1511.jpg

僕らはというとさくたろうの事を語らいながら
いつもと変わらぬ毎日を過ごしています。


少し家の中の模様替えをしました。
大好きな植物をたくさん並べました。
新しく机を作ったり、植物を並べる為の棚を作ったり。

ちゃんとさくがくつろぐためのスペースも確保しています。
きっとさくはここで植物を眺めながらお昼寝をしたりするのだろうと。


そして先日とても素敵な本と出会いました。
sakuphoto15112.jpg

ミュージシャン山田稔明さんの著書「猫と五つ目の季節」

昨年星になってしまった愛猫ポチのおはなし
そして現在共に暮らしているポチ実との出会い

さのの事、さくの事、読んでいてたくさん思い出しました。

ポチが星になったのは昨年の事で
当時山田さんのブログに綴られるポチへの思いを
僕たちのさくへの思いと重ねていました。

僕らはさくの事で悲しみのどん底にいたとき
山田さんの歌をたくさん聴きました。

同じ時に同じような思いをされていた山田さんの歌は
僕らの心にとても強く染みこみ、
そしてそっと背中をさすってくれるような暖かい気持ちにしてくれました。

あれから一年以上が過ぎ、猫と人の数だけ存在する中のひとつのお話が
一冊の本になって手元に届きました。

昨年末に開かれた個展にお邪魔したときに
山田さんとお話しすることが出来ました。
短い時間ではあったけれど互いの思いを話し合い
猫と暮らす上でのアドバイスをいただいたりしました。

その中のひとつが「猫と五つ目の季節」の中にも書かれていて
思わず「フフフ」を笑ってしまいました。


僕は面白いと思った本は数時間で読んでしまう。
そして読み終えた後に感動するけれどすぐに忘れてしまう。

だからこの本は最低でも1週間かけてじっくり読もうと思った。

先を読みたい気持ちを抑えてきりの良いところで
なんとか我慢して本を閉じるのだけれど
1週間かけるつもりが結局3日で読み終えてしまった。

読み終えてすぐお気に入りの部分を読み返した。

「人生には猫と暮らすか猫と暮らさないかの2つしかない」

僕らは今、猫と暮らさない人生を過ごしている。
本当は猫と暮らす人生を選んだはずでそれはいつまでも続くはずだったのだけど…
とにかく僕らは今、猫と暮らさない人生を過ごしている。

それはまたいつか猫と暮らすために
今の僕らには必要なことなのだろうとぼんやり思っている。


個展で山田さんと話したとき
絶対にまた猫と暮らした方がいいよと言ってくれた。
僕もきっと同じ事を言うと思う。

僕がもし猫だったら僕と暮らしたいと思う。
馬鹿みたいだけど、それくらいに全力で猫が好きである。

10年後なのか明日なのか、いつになるかわからないけど
また猫と暮らす日がくればいいなとぼんやり思っています。


でも僕らはまださくたろうのことが大好きなままで
ずっとこの場所にいる。
しばらくはそうしていたいとも考えている。


今日も素敵なネコライフを


猫と五つ目の季節 [ 山田稔明 ]

猫と五つ目の季節 [ 山田稔明 ]
価格:1,404円(税込、送料込)




ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村







 テーマ:猫写真 / ジャンル:ペット
ネコ本 | tb:0 | cm:2 | top |

  一周忌


2015/08/26(水)


今日はさくたろうの一周忌です。




朝起きて、さくの骨壺を抱きしめて色んな事を思い返しました。

その後で僕らは一年前の今日の話を少しだけしました。

あの日もいつもと変わらず過ごしていたさくたろう。
夕方に突然の発作で倒れてしまいました。

そばにいながら何も出来なかったと自分の無力さを嘆くYASUと
そばにいてあげることさえ出来なかった僕。

それぞれの傷を抱えたままこの一年間過ごしてきました。

「お互い辛かったね」と一年経った今日、初めて言うことが出来ました。


主役のいなくなったこのブログを時々更新してみたり
さくの写真を飾ったり、オリジナルグッズを作ってみたり
少しいびつな形をしてはいるけれど
こうやってあてのない僕らのネコライフは今も続いています。

今日はさくたろうTシャツを着て出勤しました。
さくちゃん、喜んでくれているかな。




どうか世界中の猫ちゃんが幸せでありますように!
今日も素敵なネコライフを



ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村








 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
ごあいさつ | tb:0 | cm:5 | top |


2015/07/15(水)


さくたろうTシャツを作りました。



ずっと前からさくたろうへの思いを込めたアイテムを作りたいなと思っておりました。
でもどうにも納得のいくデザインが浮かばずに時間だけが経過していたのですが、この度ついに完成しました。


なるべくシンプルに、
そしてあまりねこねこしてないデザインにしました。

これを着るとほんの少しだけさくたろうを身近に感じることが出来ます。

このTシャツを着て過ごすことも僕にとっては素敵なネコライフ!
できればさくたろうに見て欲しかったけど…


今日も素敵なネコライフを


ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村





 テーマ:猫写真 / ジャンル:ペット
そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:4 | top |

backhomenext
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。