--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |

  12月9日


2015/12/09(水)


12月9日といえばさくが生まれた日



今年もケーキを買ってお祝いです。

ここ最近はとても冷え込んできました。
夜寝るときに布団に入ると
いつも一緒に眠っていたさくのことをよく思い出します。
あの時のやさしい感覚は今も僕の手の中にしっかりと残っているのです。


今日も素敵なネコライフを




ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:8 | top |

年末年始のことなどhome素敵な本に出会いました

comment


もう冬ですね。   from 白桃
今日もさくちゃんかわいいです。
お誕生日だったのですね。
パパとママとケーキを囲んでさくちゃんよろこんだことでしょう。
寒くなってきたのでお二人ともご自愛くださいね。

2015.12.11 | URL | edittop


管理人のみ閲覧できます   from
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.12.14 | | edittop


白桃さんへ   from Kou
いつもありがとうございます。

いつまで経ってもこの日は特別です☆
さくの思い出話をたくさんしながらお祝いしました。
さくも喜んでくれてますね☆

2015.12.15 | URL | edittop


鍵コメさんへ   from Kou
はじめまして☆
コメントありがとうございます。
こうやってまた新たな出会いを運んでくれたネコちゃんに感謝です。
12月9日はいつまで経っても特別な日なので
これらもずっと忘れずに過ごしていくつもりです。

ブログも拝見させていただきました。
スコちゃんは独特の可愛さがとてもたまりませんね。
色々とさくのことを思い出します!
これからもお邪魔させていただきますね☆
よろしくお願いします。

最後に
お誕生日おめでとうございます☆

2015.12.15 | URL | edittop


   from のん福レオのお母さん
お二人の心の中では
しっかり生き続けているさくちゃんは幸せニャンですね。。

今年も一年、ありがとうございました^-^
来年は、kouさんやyasuさんに新しい出会いがあれば好いなと
思っています。。
良い年をお迎えくださいね^^

2015.12.28 | URLedittop


のん福レオのお母さんへ   from Kou
「一番幸せな闘病猫」から今は
「姿がなくても一番幸せな猫」を目指しています(笑)

どこかで新しい出会いを期待している自分もいるのですが
それ以上にさくてろうへの思いが分厚くてまだまだ時間がかかりそうです。

今年もたらたらとこのブログを続けていくつもりですので
どうぞよろしくお願い致します!

2016.01.05 | URL | edittop


お久しぶりです・・・覚えていますか?   from 北の国から
久しぶりに見たスコブログに今も更新されていたことを正直驚きました。(失礼)そこにはさくたろう君がいなくなっても変わらずの愛情が沢山で・・「姿がなくても一番幸せな猫」の言葉にPCの前で大泣きしてしまいました。実は、心筋症のスコは穏やかに毎日を送っていますが、他のコを亡くしてしまいました。悲しみから癒えず泣き、後悔ばかりの日々です、素敵な想いを綴ったブログ拝見して共感し幸せな気持ちになりました。ありがとうございます。

2016.01.29 | URL | edittop


北の国からさんへ   from Kou
お久しぶりです☆
ちゃんと覚えていますよ!
心筋症のスコちゃんが元気にしているかずっとどこかで心配しておりましたので
今も穏やかに過ごしていると聞いてホッとしました。

でも他の子が星になってしまったのですね…。

愛する猫ちゃんとの別れは本当に辛いことです。
こちらの思いなどお構いなしでとても残酷に感じます。

「姿がなくても一番幸せな猫」
何を馬鹿なことを言ってるのかと思う人がいるかも知れませんが
僕らは結構本気でそう思っています。

なのでこの言葉に何かを感じていただけたことはとても嬉しくて
僕もまた涙が出てしまいました。

僕たちは今でもさくたろうへの思いが溢れ続けていて
なんでさくがいないのか?
どうにかして会えないものか?とついつい考えてしまいます。

愛する子を失った悲しみと後悔はみんなの所に平等にやってきます。
後悔しない人なんていませんし、後悔してくれる人と暮らすことが出来た猫ちゃんはきっと幸せだったはずです。

悲しみや後悔とどう向き合うかは自分次第ではありますが
僕らは無理に強がったりせずにいつまでも悲しみを大切に抱え込んで行くつもりです。
会えない辛さも悲しみも後悔も涙も、全て「愛のかたち」なんだと思っています。
そしてその愛はネコちゃんがくれたかけがえのない宝物です。

なので悲しみや後悔がやってくるのは
それだけその子のことが好きなのだから仕方がないのかなと思っています。
偉そうな言い方ですみません。。。

主役はいませんがまだこのブログで書きたいことがあります。
気の向いたときにしか更新していませんが
また覗いてみてくださいね☆

2016.02.01 | URL | edittop


comment post

 
 
 
 

 
 管理者にだけ表示を許可

trackback

  この記事のURL:
  http://39taro.blog3.fc2.com/tb.php/344-74e06184


home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。