--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |


2015/11/24(火)


いつの間にか夏はとっくに過ぎ去って
朝晩と冷え込む日も増えてきました。
sakuphoto1511.jpg

僕らはというとさくたろうの事を語らいながら
いつもと変わらぬ毎日を過ごしています。


少し家の中の模様替えをしました。
大好きな植物をたくさん並べました。
新しく机を作ったり、植物を並べる為の棚を作ったり。

ちゃんとさくがくつろぐためのスペースも確保しています。
きっとさくはここで植物を眺めながらお昼寝をしたりするのだろうと。


そして先日とても素敵な本と出会いました。
sakuphoto15112.jpg

ミュージシャン山田稔明さんの著書「猫と五つ目の季節」

昨年星になってしまった愛猫ポチのおはなし
そして現在共に暮らしているポチ実との出会い

さのの事、さくの事、読んでいてたくさん思い出しました。

ポチが星になったのは昨年の事で
当時山田さんのブログに綴られるポチへの思いを
僕たちのさくへの思いと重ねていました。

僕らはさくの事で悲しみのどん底にいたとき
山田さんの歌をたくさん聴きました。

同じ時に同じような思いをされていた山田さんの歌は
僕らの心にとても強く染みこみ、
そしてそっと背中をさすってくれるような暖かい気持ちにしてくれました。

あれから一年以上が過ぎ、猫と人の数だけ存在する中のひとつのお話が
一冊の本になって手元に届きました。

昨年末に開かれた個展にお邪魔したときに
山田さんとお話しすることが出来ました。
短い時間ではあったけれど互いの思いを話し合い
猫と暮らす上でのアドバイスをいただいたりしました。

その中のひとつが「猫と五つ目の季節」の中にも書かれていて
思わず「フフフ」を笑ってしまいました。


僕は面白いと思った本は数時間で読んでしまう。
そして読み終えた後に感動するけれどすぐに忘れてしまう。

だからこの本は最低でも1週間かけてじっくり読もうと思った。

先を読みたい気持ちを抑えてきりの良いところで
なんとか我慢して本を閉じるのだけれど
1週間かけるつもりが結局3日で読み終えてしまった。

読み終えてすぐお気に入りの部分を読み返した。

「人生には猫と暮らすか猫と暮らさないかの2つしかない」

僕らは今、猫と暮らさない人生を過ごしている。
本当は猫と暮らす人生を選んだはずでそれはいつまでも続くはずだったのだけど…
とにかく僕らは今、猫と暮らさない人生を過ごしている。

それはまたいつか猫と暮らすために
今の僕らには必要なことなのだろうとぼんやり思っている。


個展で山田さんと話したとき
絶対にまた猫と暮らした方がいいよと言ってくれた。
僕もきっと同じ事を言うと思う。

僕がもし猫だったら僕と暮らしたいと思う。
馬鹿みたいだけど、それくらいに全力で猫が好きである。

10年後なのか明日なのか、いつになるかわからないけど
また猫と暮らす日がくればいいなとぼんやり思っています。


でも僕らはまださくたろうのことが大好きなままで
ずっとこの場所にいる。
しばらくはそうしていたいとも考えている。


今日も素敵なネコライフを


猫と五つ目の季節 [ 山田稔明 ]

猫と五つ目の季節 [ 山田稔明 ]
価格:1,404円(税込、送料込)




ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト
 テーマ:猫写真 / ジャンル:ペット
ネコ本 | tb:0 | cm:2 | top |

12月9日home一周忌

comment


   from 白桃
久しぶりにさくちゃんに会えてうれしかったです。
本当に猫と暮らすことほどすてきなことはありませんね。いつかまた来るそんなときのためのに、今日もいい1日を!

2015.11.25 | URL | edittop


白桃さんへ   from Kou
ありがとうございます。

猫との暮らしは本当に素敵ですね!
言葉では言い表すことができませんよね。

この先どうなるのか、
僕らの心境もどのように変わっていくのか
全く想像がつきませんが、
さくのことを思って暮らす毎日も
僕にとっては素敵なネコライフなので
楽しみながら過ごそうと思っています☆

さくにももっと会ってもらえるように
もう少し更新するようにしますね。

2015.11.26 | URL | edittop


comment post

 
 
 
 

 
 管理者にだけ表示を許可

trackback

  この記事のURL:
  http://39taro.blog3.fc2.com/tb.php/343-f9960032


home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。