2015/06/19(金)


さくたろうが星になってからもう少しで10ヶ月が過ぎようとしています。



さくのいない暮らしにも一応慣れました。一応です。

それでも毎日さくのことを想っています。

いつでもさくのことを想っているからか
日々の会話でも、入口が違っても最後はいつの間にかさくの話になっています。


あの時さくはこんなだったね とか
さくはどんなことを考えていたんだろうかなどといった具合です。


さくの可愛いエピソードを笑顔で話す機会は増えましたが
その裏側には必ず「そのさくがいない」という悲しみがセットで付いてきます。
こればかりは慣れることが出来ません。とても辛いです。

でも今の僕らがさくを感じるためには避けて通れないことであり
それだけが唯一の方法でもあるわけです。


ペットロス


あまり響きの良い言葉ではありません。



きっと世界中にペットロスと必死で向き合っている人がいると思います。
僕もその中のひとりなんだろうと思います。


ペットロスについて色々と考えました。
今はまだうまく言葉に出来ないのですが
いつか自分なりの考えを書いてみたいと思っています。


画像は子猫の頃のさくたろう。
最近この頃のことをよく思い出しています。
こんなに幸せな瞬間が僕らの手の中にあったんだね☆



今日も素敵なネコライフを


ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:4 | top |

さくたろうTシャツを作りました。home猫ちゃんが迎えてくれる玄関マット

comment


   from ここちゃこ
10ヶ月ですか...。
さくちゃん、きっと虹の橋で「またふたりでボクの話をしてる」って笑っていますね。
さくちゃんはシアワセね。

2015.06.20 | URLedittop


ここちゃこさんへ   from Kou
そうですね、きっとそばで僕らの会話を聞いてくれているかも知れません。
姿がなくても幸せな猫だと言われるようにこれからもたっぷりの愛情をさくたろうに届けようと思っています。

2015.06.22 | URL | edittop


   from mocco
ふとした時にさくちゃんの事を話す、思い出す。
虹の橋のさくちゃんは、幸せに感じていると思います。

ここからは、私の独り言です。
不快感を感じてしまったら申し訳ございません。

赤ちゃんワンコの頃から一緒だった実家のワンコと、結婚当初旦那さんのパートナーで,住むお家にいたワンコが虹の橋に渡って3年。
やっと笑って話すことができています。

今は、まだ悲しい時期かもしれないけれど
いつか笑って話せる時が来ます。

今は、泣いて笑ってを繰り返して
さくちゃんの思い出を巡ってくださいね。







2015.06.23 | URL | edittop


moccoさんへ   from Kou
あたたかいコメントありがとうございます。
時間がいろんな事を癒してくれると思っています。

これからもさくのことをずっとずっと思い続けていこうと思っています。
さくのことを思って泣いて笑って一生メソメソしながら強く生きていきます☆

2015.06.24 | URL | edittop


comment post

 
 
 
 

 
 管理者にだけ表示を許可

trackback

  この記事のURL:
  http://39taro.blog3.fc2.com/tb.php/339-a763cee2


home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア: