--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |


2015/03/02(月)


スコの可愛さは本っ当にたまらんです☆


さくたろうと暮らしてみて本当にそう思っています。

一度スコと暮らした人はその次もスコを選ぶ人が多いと聞きます。
その気持ちがもの凄くよく分かります。

さくたろうもとても温厚でおっとりした性格です。
シャーッと怒ることもほとんどありませんでした。
唯一、車に乗っているときにワイパーを動かすとシャーシャー言ってたくらいです。

表情や感情表現が豊ではありませんが
そっとアピールする感じがとてつもなく可愛いです。

鳴き声もか細く、何をするにもゆっくりです。


さくたろうは壁をひっかいたりすることもなく
高いところに登って物を落としたり壊したりすることもありません。

なのでインテリアを考えるときもそれほど神経質になる必要もなく
わりと自由に出来ていました。

ただ何でも口に入れてしまう子だったので
植物は置くことが出来ませんでしたね。


とにかくいつでものんびりとしています。
そしていつもそばにいて離れようとはしません。

あ、あとさくたろうに限って言えば
甘やかしすぎたせいで、王子様キャラになってしまいました。


でもスコと暮らす上での不安要素は病気です。
形成不全や心臓疾患などになりやすい猫といえます。
健康に猫生を全うしてくれると良いのですが
そういったリスクと向き合う覚悟も必要です。

我が家の場合は、スコへのこだわりはなく
さくたろうがスコだったという感じでした。

なので当初はスコの知識がほとんどありませんでした。

でもさくたろうと暮らす中で
色々と勉強をしてスコの性格や体質を理解しました。

実際さくたろうは心疾患になり闘病もしました。
とても辛い事でしたが、その時間を今となっては大切な思い出です。



現在発売中の「猫ぐらし」
今号はスコティッシュフォールド特集です。

どの子もとても可愛くて見ているだけで僕は変態顔になってしまいます。
こういった特集を見ると本当にスコっていいなと思います。

今回の特集には可愛さだけでなくしっかりと病気のことも触れてあります。
スコに限ったことではないですが、ペットと暮らすということは
その子の命と共に暮らすと言うこと。
一時の感情ではなく、しっかりと環境を整えて生涯寄り添っていく覚悟が必要です。



しかしつくづく思うのですが、猫はどうしてこんなにも可愛いのでしょうかね?




猫ぐらし 2015年3月号
さくもちょこっと


ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
ネコ本 | tb:0 | cm:4 | top |

桜が咲くようにhomeさくたろうの可愛さについて語り合う毎日

comment


   from mocco
さくくん、おっとり王子様でしたのね(*^_^*)
穏やかさが、お顔に出てます。
壁を掻かないのが羨ましいです。
家は壁がニャンズアートになってます。

ニャンコカフェでスコちゃんと触れ合う機会があり、スコちゃんて穏やかな子が多いな~と感じました。

2015.03.03 | URL | edittop


moccoさんへ   from Kou
さくはごはんの時も隣について食べさせてあげないといけないくらいの王子様でした。

ニャンズアート最高です!
引っ掻き傷も含めて猫インテリアですもんね☆

スコちゃんは本当におっとりさんです。
一緒にいると時が止まっているかのような穏やかな気持ちになります!

2015.03.04 | URL | edittop


   from ねこまんま
こんにちは。
ものすごく、納得しました。
ブログを拝見したときの穏やかな感じ、安心感。
穏やかでのんびりやさんのさくちゃんに私も癒されて、
すっかりファンになっていました。
我が家のはちわれが元気モリモリで、毎日バタバタだったので、さくちゃんちを見ては大人しいなぁと思ってました^^
向こうでも、その穏やかな感じですやすやお昼寝してるかもしれないですね。

2015.03.14 | URLedittop


ねこまんまさんへ   from Kou
ほんと何をするにもおっとりですよ(^_^)
何かをして欲しいときでも鳴いたりせず
ずっと見つめて待ってる感じです。
ごはんをもらうときもただ黙ってスリスリし続ける様子がとても可愛いです。

そうですね向こうでもきっと穏やかに過ごしていると思います☆

2015.03.16 | URL | edittop


comment post

 
 
 
 

 
 管理者にだけ表示を許可

trackback

  この記事のURL:
  http://39taro.blog3.fc2.com/tb.php/333-8f9c7086


home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。