--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |

  月命日


2014/09/26(金)


あれから1ヶ月が過ぎ、今日は月命日です。



さくのいない暮らしにはまだ馴染めません。
頭では理解していても感覚がついてきません。

ある日家に帰ったらおかえりって言ってくれるんじゃないかなって
バカみたいですけど、
思っちゃうんです。

少し肌寒くなってきたのでちゃんと温かくしているか心配です。
姿が無くてもさくの事が気がかりでなりません。


玄関に置いていた脱走防止のためのゲートは形を変え
今はファブリックパネルとして飾っています。



通行禁止と書かれたままだとさくが入ってこれないので
それを消して新たに「ここがあなたの居場所」と書きかえました。

いつでもさくが会いにきてくれるように!



ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:17 | top |

四十九日homeそしてネコライフは続く

comment


それでも出会えてよかった   from 北の国から
はじめまして
今日初めてブログ拝見しました
うちにもスコティシュいます
1才の立耳オットアイの女の子です
肥大型心筋症で「余命1年」と診断されました
うちにきて2日目のことでした
ブリーダーさんは「返していいですよ」と、言われましたが
家族として迎えました・・・縁があったのだから・・
後、骨瘤もみつかりました
右後ろ脚は麻痺があり、常に荒い呼吸でお腹は波打っています
宣告から1年は過ぎたものの、疲れやすく横たわることが多く
他のニャンが遊ぶのを眺めていることが多くなりました
まだ遊びたい盛なのに・・・
日々衰えていく身体・・このコは苦しくない日は知りません
それでも生きようとする・・支える私が心折れようとも・・
さくたろうくんへの想い痛いほど伝わります・・・
・・・・ご冥福を祈ります・・・・・

2014.09.26 | URL | edittop


北の国からさんへ   from Kou
はじめまして
コメントありがとうございます。

病気と向き合うことの辛さや大変さ
でもそれ以上に遙かに大きなかけがえのない我が子への想い
私たちの気持ちも常に浮き沈みを繰り返しながらやってきました

それでもどんなことがあっても
おっしゃるとおり出会えてよかったと思います。

さくに一言伝えることが出来るなら
僕らと出会ってくれてありがとうと伝えます。

毎日色々と考え込んでしまいますが、
必ず出会ったことに意味があると思っています。
少しでも悲しみを感謝に変えていこうと思います。


縁があって出会うことができたオットアイのスコちゃん。
優しく包み込んでくれる飼い主さんを選んできたのかな。
病気の子を家族として迎え入れるのに相当な覚悟があったと思います。
「それでも出会ってよかった」
私たちもこの思いを大切にして過ごしていこうと思います。

これからの闘病生活が少しでも穏やかに
そして幸せな時間が続きますよう
影ながら応援しています。

2014.09.26 | URL | edittop


ショック   from くみ
いつも楽しみに読ませて頂いてました。うちの子は、元野良さんで白血病キャリアなので、いつ発病しても不思議ではなく、不安な毎日。でも天真爛漫な子で、あまりに愛しく、保護後1年半でようやく撫でさせてくれるようになりました。どうなっても受け止めて見守るつもりです。
しばらくは無理かもしれませんが、どうか、また、ネコさんを飼ってください。野良さん、ショップネコさんに関わらず、優しい飼い主さんに出会わなければ幸せにはなれませんから。きっとさくちゃんも、自分の仲間をまた自分みたいに幸せにしてあげてと思うと思います。

2014.09.26 | URL | edittop


   from ここちゃこ
そっか、通行禁止と書かれていたらサクちゃんが通りづらいですね^^
ワタシも多くの飼い主の中からワタシを選んでくれた子たちに感謝です。

2014.09.26 | URLedittop


   from
こっそり帰って来たにゃーよ

でもこっそりだからなかなか見つからないんだにゃ

廊下に毛が落ちてるかもだにゃ

2014.09.27 | URL | edittop


   from のん福レオのお母さん
まだまだお辛いですね。。
時間が経ってもさくちゃんとは一期一会の出会い
思い出をズーッと大切にしたいですね。。
「ここがあなたの居場所」、とても素敵な言葉です。。
さくちゃんも喜んでいるでしょうね。。

2014.09.27 | URLedittop


   from メルモママ
一緒にいた生活
思い出 決して忘れる事はできません
時間が戻って欲しいといつまでも思ってしまいます

お気持ちがわかります
一緒に歩んできた事が幸せだったと
さくちゃん そっと帰ってきてね

2014.09.27 | URLedittop


   from sayoko
1ケ月…
kouさんにもご家族にもまだまだお辛い時間ですね…

脱走防止ゲート♪
いつでも遊び疲れたさくちゃんが帰ってこれますね♪
ご家族の愛情がとても伝わってきます。

前に進んだり後退したり立ち止まったり。

まだまだお辛いとお察しします…

きっと少しずつでも楽にしてくれるのは時間しかないのでしょうか…

私、本当にさくちゃんの大ファンです。
きっとあの愛くるしい表情や仕草は、kouさんご家族の愛情がそうさせでたんでしょうね(^^)

影ながら、kouさんご家族の笑顔が戻る日を願っています。




2014.09.28 | URL | edittop


   from ちゃり
Kouさんへ

さくちゃんの居ない生活に馴染めないのは、よくわかります。
私もさくたろうくんと同じ状況で昨年11月20日にメインクーンの雄が突然死しました。
この子は、肥大心筋症ではなかったのですが夕ごはんを食べて普通に過ごして居たら。。。
突然、苦しみだしそのまま逝ってしまいました。
本当に前触れもなく、動物病院に連れて行き蘇生をして頂いたものの手遅れでした。
本当に何が起こったのか分からずでした。
突然に存在を失うと本当にどうしてよいか分からず、只ひたすら思いを巡らせておりました。
立ち直るまでに本当に時間がかかりました。

この子が教えてくれたことがあります。
今まで車で跳ねられてしまった猫さんなど、見てみぬふりをしてきました。
この子が亡くなってから1か月後くらいに、朝出勤時に道路で跳ねられて倒れて居る野良猫さんがおりました。
すでに逝ってしまったあとですが。。。
野良猫さんを何も考えずすぐに脇道へ寄せてあげることができました。
このとき命の大切さや、言葉では言い表せないようなことを教えてもらったような気がします。

Kouさんもこれから、さくたろうくんにまだまだ教えてもらうことがあると思いますよ。
確かにさくたろうくんはここには居ませんが、いつもKouさんの心の中に居て、さくたろうくんが天国から見守ってくれているような気がします。

そのうち、さくたろうくんがお家に居る気配を感じるときがあるかもしれませんよ!

2014.10.04 | URL | edittop


   from ルナママ
ショックです。

さくたろう君のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

私は今でも毎日ルナの仏壇に向かって話しかけてます。

もしいたら、話しかけてあげなかったら寂しいと思うので。

肉体はなくなっても魂は永遠です、いつまでも一緒ですよ。


2014.10.05 | URL | edittop


ここちゃこさんへ   from Kou
このパネルにはまださくの毛がたくさんついています。
残されたさくの毛もただただ可愛くてなりません。
姿がなくてもそんな思いを届けてくれる大切な大切な存在。
出会えた事に感謝ですね。


2014.10.23 | URL | edittop


くみさんへ   from Kou
いつもさくたろぐを楽しみにしていただいてありがとうございます。
白血病キャリアがあっても、くみさんに出会えてとても幸せなはずです。
少しずつ縮まっていく距離感がとても微笑ましいです。
一日一日が意味のある時間でかけがえのないものなんですよね。

客観的に自分のことを見た時に
僕自身でさえ僕は猫と暮らすべき人間だと思います。

でもまだ今はさくたろうの残像と過ごしていたいというのが本音です。
またいつか自分自身としっかり向き合って
生まれ変わったさくたろうと一緒に暮らせる日が来ればいいなと思っています。


2014.10.23 | URL | edittop


のん福レオのお母さんへ   from Kou
一番大切なものを失って心にぽっかりと穴があいたままです。
でも少しずつ本当に少しずつその穴も小さくなってきています。
さくと過ごした時間は宝物。
これからも大切にしていきたいと思います。

2014.10.23 | URL | edittop


メルモママさんへ   from Kou
ほんとそうですね。
出来ることならあの頃に戻りたい
毎日そんなことを考えています。

でもさくと出会えて幸せだったのだと
今はそれだけを信じています。

2014.10.23 | URL | edittop


sayokoさんへ   from Kou
もうすぐ2ヶ月が過ぎようとしていますが
さくたろうのいない暮らしはやはり馴染めません。
こればかりは時間が必要ですね。

脱走防止ゲートは形をかえてしまいましたが
さくたろうと暮らした証としてこれからも大切にしていきたいと思います。

さくちゃんは幸せそうだったと言ってもらえることが
僕らの励みになっています。
本当にありがとうございます。

さくの全てを笑顔で話せる日がくるように頑張ります。

2014.10.24 | URL | edittop


ちゃりさんへ   from Kou
突然の別れというものは全く心の準備もできないので
時が経った今でもまだ理解しきれないんですよね。
頭ではわかっているんですけど…
きっと答えが出ることはないでしょうけど
少しずつゆっくりと前を向いていければと思っています。

さくたろうから教えてもらうこと
きっとたくさんあるんだと思います。
大きな事は出来なくても自分自身の手の届く範囲で
さくと出会った意味を力に変えて行こうと思っています。

僕もちゃりさんのように強くなれるといいのですが…

2014.10.24 | URL | edittop


ルナママさんへ   from Kou
コメントありがとうございます。

僕らも毎日さくたろうに話しかけるようにしています。
魂はいつでもすぐそばにあると信じて
前を向いていこうと思います。

2014.10.24 | URL | edittop


comment post

 
 
 
 

 
 管理者にだけ表示を許可

trackback

  この記事のURL:
  http://39taro.blog3.fc2.com/tb.php/305-28a4e8ee


home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。