--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |


2014/09/08(月)


さくたろうは僕の生きがいだった。
大袈裟な言い方ではなく
僕が他人に自慢できる唯一の存在、それがさくたろうだった。

さくたろう


心臓に病気を抱えていたさくたろうとの幸せな暮らしは
時間に限りのあるものだとどこかでわかっていた。
でも、いつまでも続くとも思っていた。
もちろん根拠はなかったけれどそう思っていた。
いや、正確に言うと願っていた。


さくたろう


1歳の誕生日を迎える前に肥大型心筋症になり
肺水腫を併発し、呼吸困難になり自力で立つことも出来なくなり
獣医さんからあと数分しか持たないといわれた小さな命が
奇跡の復活を遂げ、力強くここまで生きてくれたことに本当に感謝しています。

今にして思えば病気を発症してからの4年という時間は
僕らのために特別に与えてくれたものだったのだと思います。

その特別な時間の中でのさくちゃんとの暮らしは実に楽しいものでした。

さくはね、いつだって僕らのそばにいたんです。
僕らの一日の行動をしっかりと理解しており
いつも一緒について回っていました。

僕らがごはんを食べる時は自分も一緒にごはんの前に座って
洗い物が終わる頃になると次は僕と遊ぶ時間だと言わんばかりにいつも足下にすり寄ってきて
アイロンを掛ける時は自分がアイロン台の上に乗って
洗濯物をたたんでいる時はきれいにたたまれたタオルの上に乗って
届いた郵便物を開封する時も一緒に中をのぞき込んで
洗車をする時は窓からいつも様子を見ていてくれました


さくたろう



肥大型心筋症は治ることのない病気です
それならばさくが闘病猫のなかで一番幸せなれるようにと
僕らなりに強い覚悟を持ってさくの病気と向き合い
その時々にやれることをやってきました。
だからそこら辺については後悔よりもやりきったという思いが強いです。

そのせいかな?
さのすけの時と比べると僕は10分の1も涙を流していません。
でもこれが強さなのかはわかりません。

たぶん、さくを失った悲しみとまともに向き合うと
とてつもなく深い闇に引きずり込まれそうで、
きっとそのことをわかってて気付かないふりをしてる臆病者なんです。

いくら強がってみたところで
本心はさくたろうに会いたくて仕方がない。
すぐにごはんを食べさせてあげて抱っこしてやりたい。
暖かくて柔らかくてフカフカしたさくたろうに触れたい。
さくたろうのにおいをかぎたい。


さくちゃん、さくちゃん


もう一度名前を呼びたい。


さくたろう



少しの時間が過ぎて自分の中にあるさくたろうへの想いを確かめてみる。
抑えきれないほどの愛情で溢れている。
これだけは微塵の濁りもなく全力でさくたろうに向かっている。
さくたろうと出会った日からこれまでずっと。


さくちゃん、

この想い、さくちゃんには届いていたかな?




きっと届いてたよね。

さくたろう


さくちゃん!

さようなら

ありがとう


ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
さくのこと | tb:0 | cm:16 | top |

そしてネコライフは続くhome永眠

comment


ありがとう   from いくみ
突然のことで驚きました…

飼い主さんが、さくちゃんのことを大切に大切に思い
やれることは何でもしてきたということは
ブログを通して、とても伝わってきました。

きっと、さくちゃんは飼い主さんに出会えて、一緒に生きられて
幸せだったと思います。

さくちゃん、ありがとう。
飼い主さんもありがとうございました。


2014.09.08 | URL | edittop


   from ここちゃこ
お腹の上で寝ちゃっているさくちゃん、素敵な写真ですね。
さくちゃん、シアワセなシアワセな猫生でしたね。

2014.09.08 | URLedittop


   from のん福レオのお母さん
kouさんやyasuさんの大きな愛情に包まれて
さくちゃんは世界一幸せな闘病猫ちゃんだったと思います。。
さくちゃん、お疲れ様でした。。
そして、ありがとう。。

2014.09.08 | URLedittop


ご無沙汰しておりました。   from えりー
さくちゃん、ただただショックです。

えるくんの病気がわかってたどりついたこのブログに、何度も励まされました。

ショックです。
我が子のようにショックです。

ただ、さくちゃんは幸せもの。
それだけは間違いありません。

さくちゃん、そしてさくちゃんパパとママ
本当にありがとう。
出逢えたことに感謝です。
今までもこれからも
私はさくちゃんファミリーの大ファンです。

2014.09.08 | URL | edittop


言葉が…   from sayoko
いつも更新を楽しみにしていたさくちゃんのブログ…
あまりの可愛さに初めてコメントしたときには、さくちゃんは虹の橋を渡ってたんですね…
知らずとはいえ、コメント失礼致しました…

私も今、拝見して涙が止まりません…

でも一番お辛いのは御家族ですよね…

言葉が見つかりません…

さくちゃん…
いっぱい遊んでもらったよね?
39って書いてるトイレ格好良かったね♪
ステッカーも似合ってた…
さくちゃんはワールドカップ見たのは初めてやったんかな?
御家族からたくさんの愛情もらったよね …
今年
今まで御家族からたくさんの愛情もらって幸せやったよね?
いっぱい遊んでもらったよね?

さくちゃん…
虹の橋の向こうやけど、さくちゃんを抱きしめられずに悲しまれている 、さくちゃんの大切な御家族を見守ってあげてね…

月並みですが、さくちゃんのご冥福を本当に本当に心からお祈り申し上げます…



2014.09.08 | URL | edittop


いくみさんへ   from Kou
いつもさくのことを見守ってくれてありがとうございます。

突然でまだ切り替えられないこともありますが
自分たちなりにやれることはやってきたつもりです。
そのことが唯一の救いでもあります。

さくが僕らと暮らした時間に幸せを感じていてくれると嬉しいなぁ。
こちらこそ本当にありがとうございました。

2014.09.09 | URL | edittop


ここちゃこさんへ   from Kou
この写真、最近の中で一番のお気に入りなんです。

お腹の上で何時間も一緒に寝ていました。
起きると僕の体はしびれて痛くて仕方ないのですが
さくの寝顔を見ていると時の経つのを忘れてしまいました。

さくちゃん、シアワセだったかな?
僕らはとてもシアワセでした。

いつもさくのことを気に掛けてくれてありがとうございました。

2014.09.09 | URL | edittop


のん福レオのお母さんへ   from Kou
とてもきれいなお花を届けてくださりありがとうございました。
その暖かさに涙が止まりませんでした。

幸せな闘病猫
なんだかヘンテコな言葉ですが僕らは真剣でした。

さくの毎日の表情を見ていると少しは幸せを感じてくれていたのかな。
今頃はきっと福ちゃんと寄り添っていることだと思います。
福ちゃんとさくは気が合いそうですよね。

2014.09.09 | URL | edittop


えりーさんへ   from Kou
ありがとうございます。
病気と闘う猫ちゃんの励みになれるように頑張ってきました。
またこのブログを通じて勇気を与えることが出来たなら
本当にやっていてよかったと思います。

僕らもさくの病気を通じて色んな事を学びました。
またこの経験を何らかの形で活かしていこうと思っています。

更新もままならないブログでしたが
いつも見守ってくださりありがとうございました。

2014.09.09 | URL | edittop


sayokoさんへ   from Kou
コメントありがとうございました。
以前にいただいたコメントも僕らの励みになっています。

さくちゃん、実はワールドカップは2回目なんですよ。
我が家にやってきた年に南アフリカ大会があってそして今年のブラジル大会と。
きっと次のワールドカップもそばに来て一緒に観てくれると思います。

さくに会えない日々は本当に辛いですが
さくが見守ってくれていると信じて、すこしずつ前を向いていこうと思います。

さくたろぐももう少し続けようと思っています。
また遊びに来てくださいね。

さくたろうは皆様に愛されて本当に幸せ者ですね!
ありがとうございました。

2014.09.09 | URL | edittop


KOUさん   from sayoko
心中お辛いのにコメントありがとうございます…

ワールドカップは2回目だったんですね。

私、ブログはさのすけ君の時のものも拝見していて全部好きなのですが、中でも『頑張る背中』とっても好きです。

本当にさくちゃんの写真の表情が何とも言えず愛らしくて、KOUさんのコメントも愛情に溢れてました。

猫のとの暮らしの中で、彼らが与えてくれるものは本当に図りしれませんよね。

つい先日、友人も愛犬を亡くしました…
老齢で脚が不自由になり、地力では歩けない日が3年…

でも彼女もKOUさんと全く同じ事を言ってました。
『自分達に出来ることはやりきったので、悲しいけどその部分の後悔はない』と…

それ聞いた時、ちょっとだけ私も気持ちが楽になりました。

まだまだ時間がかかると思います…

でも少しずつ、御家族皆さんが前を向いて下さる日が来るのを願って止みません。

KOUさん、コメント下さったみんなでさくちゃんのご冥福と、御家族に笑顔が戻る日が来るのをお祈り申し上げます…



2014.09.09 | URL | edittop


   from メルモママ
さくたろう君
涙が出てしまいます
いつもいる子がそばに炒り粉がいなくなる現実は
計り知れないです

今は涙を流す事しか出来ないかもしれません
早すぎるお別れは悲しすぎます

無理はされないで下さい
たくさんの思い出をありがとうと言える日まで




2014.09.09 | URLedittop


sayokoさんへ   from Kou
さくの写真を見返してみると
どれも幸せそうで本当にかけがえのない時間だったのだと思います。
そしてその幸せそうなさくの表情が今の僕等の支えになっています。

時間をかけて色んな事を考えて
少しずつ前を向いて行こうと思っています。


2014.09.16 | URL | edittop


メルモママさんへ   from Kou
さくたろう中心で我が家は回っていたので
その軸がなくなってしまい
時間の使い方にとまどってしまいます。

まだ時間がかかりそうですが
たくさんのありがとうを言えるように頑張ります。

2014.09.16 | URL | edittop


   from 小春ママ
私の家も、15年一緒に過ごしたモモちゃんが、旅立ちました。
病気と戦った、苦しい最期でした。



ぽっかりと、空いた穴は埋めようがなく
小春と、小雪の二匹のスコティシュホールドから、元気をもらいました。

天使のように、かわいいです。天国でモモちゃんが、見守ってくれる気がします。
佐久ちゃんは、幸せだっ他と思います

2014.10.09 | URL | edittop


小春ママさんへ   from Kou
さくは幸せだったと言ってもらえることが
僕らの救いであり誇りでもあります。

大切な我が子に助けられながら暮らす猫との生活は
本当にかけがえのない幸せですね。

スコティッシュは独特の雰囲気と可愛さがありますよね。
ふかふかのスコちゃんを抱っこしたいです。

2014.10.24 | URL | edittop


comment post

 
 
 
 

 
 管理者にだけ表示を許可

trackback

  この記事のURL:
  http://39taro.blog3.fc2.com/tb.php/303-15b92577


home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。