--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |


2010/12/08(水)


ぽかぽかと暖かい日差しが差し込む時間帯

さくたろうは気持ちよさそうに寝ています。Zzz…

さくたろぐ
猫ちゃんが寝ている姿はいつ見ても幸せな気分になります。
まるりと寝ている姿も好きですがこのポーズも大好きです。

結論:何をしていても可愛いもんは可愛い。



今回も少し長くなりますが、肥大型心筋症発覚から三日間の集中治療の様子を。

さくの病気が発覚してすぐにさくたろうは酸素室の中に入ることになりました。
心臓と血栓予防のお薬そして利尿剤を点滴しました。

利尿剤は肺に溜まった水を排出するのが目的です。

この治療法をさくの状態が落ち着くまで続けていくことになりました。

点滴は長い時間が必要なので朝から病院へ預けて夕方に迎えに行く形をとりました。
入院することも可能だったのですが、この病院は夜には無人になること
そして先代のさのすけの事があったので迷わず通院する事を選びました。

とはいうものの家には酸素室がありません。

そこで病院から酸素室をレンタルし、ミサイルのような酸素ボンベを用意してもらいました。

最初は少し元気になってくれたのですが
日を追うごとにさくたろうの元気がなくなっていってしまいました。
呼吸が苦しそうでみるみる弱々しくなっていき、ごはんも食べなくなってしまいました。

そして迎えた3日目。

この日も朝から病院へ預けてきました。
夕方の迎えの時間まで待ちきれずに昼頃に面会に行ってきました。

酸素室の中のさくたろうは力なくぐったりしており
利尿剤でおしっこをしたくても自分のからだも支えられなくなっていました。
もうただ事ではないことは理解していました。

改善が見られる様子はなく、先生からは
治療を諦めて家へ連れて帰ることも選択肢のひとつとして考える時なのかもしれませんと言われました。

治療を諦めると言うことはつまりそういうことです。
もの凄く冷静にその言葉を聞きました。
今となっては冷静だったのかよくわかりませんが…


さくちゃん、よく頑張ったね!
もう腕の管も外してもらってお家に帰ろうね!


さくたろうの腕から点滴の管が外されました。
果たしてこの判断が良いのかなんて考えられるはずもありませんでした。
ただ、さくたろうの最後の記憶はいつも過ごした家の中であってほしいという思いだけでした。


そして帰る準備をしている時に突然さくの様子が急変しました。
ウエッウエッと口呼吸をしだしたのです。


先生は「もうダメかもしれません。」と小さく言った後に
「蘇生措置は行いますか?」とおっしゃいました。

「それをして蘇生できても意味はないんですよね」というと
先生は静かにうなずかれました。

苦しそうにしているさくたろうに対して
名前を呼びながら撫でてやることしか出来ませんでした。





しばらくして発作は治まりました。
少し落ち着くのを待って家へ連れて帰りました。

先生は外まで見送って下さり
「2日分入っています。3日目からの分を取りに来てくれると信じています」
と薬の入った袋を渡してくれました。

家へ帰る車の中、さくたろうはしっかりとした目で外の景色を眺めていました。
車を運転しながら、明日の朝もさくたろうに「おはよう」と言えますようにと祈っていました。

家では酸素室を作りませんでした。(さくが嫌がるので)
その代わりにネットで調べた情報を元に購入したエアチャージャー(人間用の酸素吸入器)を
さくの口元に当て続けました。

片時もはなれずにさくたろうのそばにいましたが呼吸は相変わらず苦しそうでした。



このままその時を待つことしか出来ないのかと
自分たちの無力さを痛感していました。



しかし



ここから奇跡がおこりました。



深夜になってさくたろうが少しではありますがごはんを食べてくれたのです。
そして自分の力でトイレに行っておしっこをしたのです。

その姿を見て大声で泣きそうになりましたが、必死で口を押さえてこらえました。

さくちゃん、もうすぐ外も明るくなるよ!
陽が昇ったら一番最初に「おはよう」と言わせておくれ!!

そんな気持ちを察してくれたのか、さくがゴロゴロと寄り添ってきてくれました。
今まで当たり前だったことがこんなにも嬉しいことだったなんて。



次の日もエアチャージャーを当て続けてお薬を飲みながら様子を見ていました。
このエアチャージャーは病院から借りていた酸素ボンベよりも風量がつよいので
多少なりとも効果があったのかもしれません。

少しずつ元気になってきたさくたろうはごはんの量も増えていきました。
調子が良くなると爪を研いだり、階段を登ったりするようにまでなりました。


一気に希望が見えてきました!


よし、さくちゃん!
明日病院に追加のお薬をもらいに行って先生を驚かせてやろうな!



そして翌日。


先生はとても驚かれていました。
「奇跡といっていいと思います。過去に1例だけありましたけど、さくちゃんで2例目です。
 獣医の私がこんなことを言ってはいけないのですがご家族の愛の力かもしれません。」


愛の力よりも何よりも、最後まであきらめずに頑張っていたさくたろうの力です。
さくたろうにはウチにやってきた意味があり
病気になったこともきっと意味があり
そしてまだまだ生き続けることに本当の意味がある。
そしてそれを手助けするために私たちがいる。
今はそう思っています。



さくたろぐ
さくが落ち着くのを見計らってもう一度診察していただき
今後は投薬と週に2~3回の通院で様子を見ていこうという事になりました。


さくたろうは極度の病院嫌いで、いや、好き嫌いとかではなく
拒否反応がでてしまうほどなので、家に帰ってきたことが
何よりの良薬だったのかもしれません。

とはいえすべてが解決したわけではなく
さくたろうの心臓には大きな爆弾を抱えたままです。

しかしさくたろうが起こしてくれた奇跡の意味を
しっかりと受け止めようと思いました。
そしてこれからのさくとの時間を有意義なものにしていこうと誓いました。

ここにたどり着くまでいっぱいいっぱい涙を流しました。
でも今はこの出来事が私たちの原動力になっています。


さくちゃん、本当に本当にありがとう!
奇跡は諦めない事から始まるんだよね!
明日はお誕生日のお祝いしようね!

さくたろうに応援のポチッお願いします。↓↓
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
いつも応援してくれてありがとニャ




関連記事
スポンサーサイト
 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
肥大型心筋症 | tb:0 | cm:12 | top |

はじめてのお誕生日home肥大型心筋症

comment


   from dolly
涙が止まらなくて…!
キーボードがかすんで…!

さくちゃん、こんなに頑張ったんだー!
もっともっと、一緒にいたいもんね!

実家の母が、癌で最期は肺に水がたまって苦しそうにしてそのまま…だったので、その時を思い出して、さくちゃんの頑張りがとてつもなく凄いことだな~って、感動しました!!

さくちゃん、あなたのその寝姿がどれだけ愛おしいものかって、知って欲しいな~!
言葉が通じたら…いえ、通じなくても分かっているでしょうね…!

さくちゃん!これからも、動物病院の先生をびっくりさせてやってね!!!!

2010.12.08 | URLedittop


   from のん福レオのお母さん
その日は、辛く長い夜だったでしょうね。。
でも、奇跡が起きて、今のさくちゃんがいるのですね。
本当に良かったです。。
その奇跡を信じて、さくちゃんの生命力を信じて、
頑張りたいですよね。。
私もさくちゃんのために、祈っていますよ。。

2010.12.08 | URLedittop


さくちゃん、おめでとう!   from ヒトS
さくちゃん、一歳のお誕生日おめでとう!
誰かのお誕生日に「おめでとう」と言えることが
こんなに嬉しいなんて初めてかもしれません。
さくちゃんの具合が悪いと知ってから、
夜はドキドキして眠れないこともありました。
さくちゃんが苦しいとき、辛いとき、
Kouちゃん、Yasuちゃんがどんな想いで、
さくちゃんの寝顔を見つめてるのかと思うと、
何もできない自分が悲しかったです。
I ちゃんも同じように思っていました。

奇跡が起こるって、信じてたよ。
さくちゃんの気持ち……Kouちゃん・Yasuちゃんを
大好きっていう気持ちが、きっと奇跡を起こしてくれるって
信じてました。
がんばったね。えらかったね。
毎日「おはよう」って笑って言えるように、
元気になっていこうね。
さのちゃんにも、「おめでとう」って伝えてください。
奇跡を起こしてくれたのは、きっとさのちゃんだと思うのです。

2010.12.09 | URLedittop


   from Mew
うん。うん。意味があるに決まってます。
奇跡は願わなければ、行動に移さなければ起こらないもの。
さくちゃんの思い。kouさんYasuさんの愛情いっぱいのお世話が奇跡を起こしてくれたのですね^^

そして今日はお誕生日♪
さくちゃんお誕生日おめでとう~☆
楽しいお誕生日過ごして下さ~い(*^_^*)

2010.12.09 | URLedittop


dollyさんへ   from Kou
ありがとうございます。

さくたろうくん、本当によく頑張ってくれています。
あの寝顔を見てきゅんってなる、そのきゅんっをさくは感じてくれていると思います。
でもでも面と向かってお前の寝顔がたまらんのだよと言いたいですよね。

これからも先生をたくさん驚かせられるように頑張ります!


2010.12.09 | URLedittop


のん福レオのお母さんへ   from kou
とっても長い夜でした。
でも朝を迎えておはようと言えることが嬉しかったです。

福ちゃんの日記を通じてこちらにもたくさんの方が励ましに来て下さいました。
本当にありがとうございます。(長文コメント失礼しました)
さくにとっても素敵な誕生日プレゼントになりました☆

福ちゃんもさくもたくさんの方に応援されて本当に幸せですよね。
これからも福ちゃんやさくのためにたくさんの幸せを引き寄せましょう!

2010.12.09 | URLedittop


ヒト Sさんへ   from kou
お誕生日のお祝いのコメントと日付が変わってすぐに届いたメールありがとうございました。
私たちよりも先にさくちゃんにおめでとうを伝えました。

さくの事ではご心配をおかけしてごめんなさい。
病院で治療を諦めて帰ってきた日に最初のメールを送らせていただいたので
本当に驚かせてしまったと反省しています。
でも辛い状況で苦しさを聞いてもらえる人がいることで随分と救われました。
本当にありがとうございます。

Iちゃんが送ってくれたイルミネーションの画像がとても嬉しかったですよ!
離れていてもさくのことを信じて応援してくれたことが奇跡を呼びました。
さくちゃんが本当に頑張ってくれました。

そして何よりもさのすけの存在が全てでした。
不思議なほどにさのすけが全てを導いてくれました。
さのすけ兄ちゃんにも感謝です。

今日はみんなで楽しく過ごそうと思っています!

2010.12.09 | URLedittop


Mewさんへ   from kou
お祝いのコメントありがとうございます。
さくたろうにもしっかりと伝えました☆

さくたろうは病気になってしまったけれど頑張って奇跡を起こしてくれた。
その姿に勇気をもらい、励まされ、そして人との繋がりを作ってくれた。
さくたろうが持っているものはきっと素敵なものなんだなと思います。
親バカでごめんなさい。笑

笑顔でさくたろうのお誕生日を迎えられた事が本当に嬉しいです。
お誕生日おめでとうって何度も何度も言ってやろうと思っています☆

2010.12.09 | URLedittop


管理人のみ閲覧できます   from
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.12.09 | | edittop


   from つくね♂
おはようと言えることがどれだけ幸せなことなのか、
忘れていたことを思い出させていただきました。

幸せそうな寝顔ですね。
自分も思います。さくたろうくんは一番幸せな闘病猫です。

さくたろうくんは生きることに懸命です。
薬や通院と大変でしょうが、応援しています。
一緒に祈っています。

ほんとにほんとにお誕生日おめでとう。
ケーキでお祝いですね。^^
毎日が素敵な一日でありますように。

2010.12.09 | URLedittop


秘密のコメントさんへ   from Kou
ありがとうございます。

おっほんとだ!さのちゃんの次のところに!
猫ちゃんと接していると色んな所でつながってくるのですね☆

今日はさのも一緒にお祝いです!

2010.12.09 | URLedittop


つくね♂ さんへ   from Kou
ごはんを食べてくれる事
あくびをしてくれる事
隣にちょこんとやってきて顔をのぞき込んでくれる事

そのひとつひとつが本当に幸せです。
今日という日を笑顔で祝える事も本当に幸せな事です。
すべてはさくたろうのおかげです☆

お祝いのお言葉ありがとうございます。
たくさんのお祝いのメッセージをいただいてさくは本当に幸せ者です!

2010.12.09 | URLedittop


comment post

 
 
 
 

 
 管理者にだけ表示を許可

trackback

  この記事のURL:
  http://39taro.blog3.fc2.com/tb.php/126-938c0df2


home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。