8月26日


2016/08/26(金)


8月26日 三回忌です。
さくたろうと会えなくなって丸二年が過ぎました。



さくのお骨のそばにさくの好きなバームクーヘンをお供えしました。
僕等がバームクーヘンを食べているとそばにやってきて「おくれ」といいます。
ほんの少しだけちぎってあげるととても美味しそうに食べていました。
「さくちゃんはそんなに小さなかけらでもしっかりと噛んで食べるんやなぁ」というと
表情を変えることなくこちらをじっと見て「もう一口おくれ」と僕の体をぽんぽんと叩きます。
2~3口食べると満足した様子で毛繕いをするのでした。

こうやってさくの事を思い出すと今でもあたたかい気持ちになります。
それはきっとさくと過ごした時間があるからだと思います。

もちろん今でも悲しみが癒えたわけではありません。
少しずつさくとの思い出の記憶が曖昧になってきたり
スマホの中の写真を随分とさかのぼらなければさくたろうに会えなくなりました。
そいういったささやかな現実に時々苦しめられることもあります。

でも「時」は本当に不思議で、辛いことや悲しいことも平等に曖昧にしてくれます。
僕はさのすけやさくたろうとの別れで「世の中にはどれだけ強く願っても叶わないことがある」ということを知りました。
と同時に「どれだけ辛い現実に身を置いていても時がやがて癒してくれる」ということも知りました。


とまあ格好つけておきながらなんですが
この2年のあいだ無理だとわかっていてもひょっとしたらまたさくに会えるんじゃないかなんて
心のどこかにほんの数ミリ程度の矛盾した希望を持ちながら過ごしてきました。

そしたらどういう訳か我が家に野良猫が遊びに来るようになりました。
さくの生まれ変わりなどでは絶対にないのだけれど何とも不思議な感覚でして。
家の中に入ってきておやつを食べたり毛づくろいをしたりウトウト眠ったり。
でも僕らが近づくとシャーと鳴いて逃げていきます。
僕らの所に絶妙な距離でやってきたこの子は
いったい僕らに何を伝えようとしているのだろうかと考えたりもします。

さくたろうと会えなくなって丸二年。
これからも僕はいつか会えるんじゃないかって思いながら過ごしていくと思います。
馬鹿だと思われるかも知れませんが、これは僕の中にある僕にしかわからない大切な事です。
ずっとこんな感じで僕らのネコライフは続いてゆきます。



もの凄く放置しっぱなしのこのブログですがまだ続けるつもりです。
時々さくのことを思い出していただけると嬉しいです。

それでは

今日も素敵なネコライフを!



ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村





スポンサーサイト
 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:9 | top |

home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア: