--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |


2014/10/27(月)


ほんのり肌寒い季節になってきました。

いつもならこれくらいの時期になると
さくは僕の布団の中に入ってきます。

ぽんぽんと申し訳なさそうにそっと僕の頭を触るのが
「布団に入れて」の合図。

布団をめくるとゆっくりと中に入り
いつもの位置でくるりと回ってどすん!
少し冷たいさくのからだをそっと抱え込んで暖めます。
本当は力強くぎゅっと抱きしめたいけど
そこはがまんがまん。


さくたろう



さくがいなくなってから
あらためてさくのと暮らしというものを日々振り返っています。
さくの写真を見返して色んな事を思い出して微笑んでは見るのですが
その全てが今は過去の事になってしまっていて
もう僕の手の中にさくたろうはいないのだと痛感するのです。

それでも色んな人から励ましや感謝の言葉をもらって
さくがたくさんの人に愛されていた事実をとても嬉しく誇らしく感じたりもしています。

「どの画像を見てもさくちゃんはいつも幸せそうだった」

そんな言葉をかけていただき、じんわりとあたたかい気持ちになりました。
僕自身もさくのことをこの世の中で一番幸せな猫にしてあげたいと思っていたし
僕らにとってもさくとの暮らしは本当に幸せだった。
だからきっとその一部を切り取った画像からも幸せが溢れていたのかもしれません。


実際にさくとふれあった事がきっかけで猫との暮らしをはじめた友人が数名。
今は無理だけどさくちゃんをみて将来は必ず猫と暮らす事を決めましたなんて報告もいただきました。


そんな中でなんとなくモヤっとしていたものが消えていくような感覚が僕自身の中にありました。


まだはっきりとはわからないのですけれど
僕は猫人(ねこびと)として生きていこうと。

猫人という言葉の意味なんて考えてもいないのですが
漠然とそう思うようになりました。


猫との暮らしをしている人の何か力になったり
猫の可愛さすばらしさを何らかの形で伝えていければいいなと思います。
大きすぎる問題には立ち向かえないけど
自分の手の届く範囲で。


あの時さくたろうがぽんぽんと僕の頭を触ってくれた感触は今も鮮明に残っています。
あのうまく言葉に出来ない切なくて愛しい感覚を一人でも多くの人に共有してもらえるように。


それが猫を愛してしまった僕らの宿命かもしれません。


ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:10 | top |

  四十九日


2014/10/14(火)


さくの四十九日を迎えました。



さくのいない生活にも慣れてきました。

でも時々
これだけ我慢したんだから、
そろそろさくに会わせてもらえるんじゃないかって気にもなったりします。



四十九日を迎えるにあたって
つくね♂さんから大きなお花と素敵な絵本をいただきました。

大きなひまわりととても温かい言葉の手紙を読んで
また泣いてしまいました。
それは悲しさではなく、さくがこんなに愛されていたという事にです。
つくね♂さん、さくたろうの為に本当にありがとうございます。
さくもきっと喜んでいますね☆


今夜はさくたろうにたくさんありがとうを伝えようと思います。


※たくさんコメントをいただいているにもかかわらず返信できずにすみません。
どのコメントも温かい言葉ばかりでとても感謝しております。


ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村
 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
ごあいさつ | tb:0 | cm:7 | top |

home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。