--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |

  月命日


2014/09/26(金)


あれから1ヶ月が過ぎ、今日は月命日です。



さくのいない暮らしにはまだ馴染めません。
頭では理解していても感覚がついてきません。

ある日家に帰ったらおかえりって言ってくれるんじゃないかなって
バカみたいですけど、
思っちゃうんです。

少し肌寒くなってきたのでちゃんと温かくしているか心配です。
姿が無くてもさくの事が気がかりでなりません。


玄関に置いていた脱走防止のためのゲートは形を変え
今はファブリックパネルとして飾っています。



通行禁止と書かれたままだとさくが入ってこれないので
それを消して新たに「ここがあなたの居場所」と書きかえました。

いつでもさくが会いにきてくれるように!



ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村
スポンサーサイト
そしてネコライフは続く | tb:0 | cm:17 | top |


2014/09/16(火)


これまでの我が家の生活はさくを中心に回っていました。

P10300802014.jpg

その軸がなくなってしまい
毎日の時間の使い方に戸惑っています。

毎日3回のお薬を用意する必要もなくなり
ごはんをたべさせたり
一緒に遊んだり
水飲みを見守ったり
毛繕いやマッサージの時間もなくなり
一日の終わりに日記を書くこともなくなりました。


家の中のあらゆる場所に
さくとの思い出があり
ついその事を思い出して
微笑んだ後には必ず悲しみがやってきます。


扉の隙間を少し空けておく必要もない
窓を開けっ放しにしても問題ない
物を落としたりして大きな音を立てても
さくにあやまる必要もない
ちょっとした埃やゴミもあわてて拾わなくても
さくが食べてしまう心配もない


ふと気付くと
いつもそこにいるはずのさくの姿が見えない

でもさくの好きな紙ボールはそこに転がっており
毎日つめとぎをしていた小さなタワーはそのまま

どこかでさくを感じて過ごしていたいから。


これから我が家は
さくはいないけど
さくを感じられる空間を作っていこうと思っています。
それが今は僕のモチベーションになっています。
そうやってネコライフは続いてく…。



先日、さくのもとにとてもとても立派なお花が届きました。



ここちゃこさんありがとうございます。
白くて綺麗なお花はまるでさくの様に優しい。




のん福レオのお母さん ありがとうございます。
とても賑やかなお花に囲まれてさくも安心していると思います。

その他にも暖かいメッセージやメール、励ましのお言葉を多数頂戴し
本当にありがとうございました。
また落ち着きましたらご連絡・ご返事させていただきますね。


ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村
さくのこと | tb:0 | cm:2 | top |


2014/09/08(月)


さくたろうは僕の生きがいだった。
大袈裟な言い方ではなく
僕が他人に自慢できる唯一の存在、それがさくたろうだった。

さくたろう


心臓に病気を抱えていたさくたろうとの幸せな暮らしは
時間に限りのあるものだとどこかでわかっていた。
でも、いつまでも続くとも思っていた。
もちろん根拠はなかったけれどそう思っていた。
いや、正確に言うと願っていた。


さくたろう


1歳の誕生日を迎える前に肥大型心筋症になり
肺水腫を併発し、呼吸困難になり自力で立つことも出来なくなり
獣医さんからあと数分しか持たないといわれた小さな命が
奇跡の復活を遂げ、力強くここまで生きてくれたことに本当に感謝しています。

今にして思えば病気を発症してからの4年という時間は
僕らのために特別に与えてくれたものだったのだと思います。

その特別な時間の中でのさくちゃんとの暮らしは実に楽しいものでした。

さくはね、いつだって僕らのそばにいたんです。
僕らの一日の行動をしっかりと理解しており
いつも一緒について回っていました。

僕らがごはんを食べる時は自分も一緒にごはんの前に座って
洗い物が終わる頃になると次は僕と遊ぶ時間だと言わんばかりにいつも足下にすり寄ってきて
アイロンを掛ける時は自分がアイロン台の上に乗って
洗濯物をたたんでいる時はきれいにたたまれたタオルの上に乗って
届いた郵便物を開封する時も一緒に中をのぞき込んで
洗車をする時は窓からいつも様子を見ていてくれました


さくたろう



肥大型心筋症は治ることのない病気です
それならばさくが闘病猫のなかで一番幸せなれるようにと
僕らなりに強い覚悟を持ってさくの病気と向き合い
その時々にやれることをやってきました。
だからそこら辺については後悔よりもやりきったという思いが強いです。

そのせいかな?
さのすけの時と比べると僕は10分の1も涙を流していません。
でもこれが強さなのかはわかりません。

たぶん、さくを失った悲しみとまともに向き合うと
とてつもなく深い闇に引きずり込まれそうで、
きっとそのことをわかってて気付かないふりをしてる臆病者なんです。

いくら強がってみたところで
本心はさくたろうに会いたくて仕方がない。
すぐにごはんを食べさせてあげて抱っこしてやりたい。
暖かくて柔らかくてフカフカしたさくたろうに触れたい。
さくたろうのにおいをかぎたい。


さくちゃん、さくちゃん


もう一度名前を呼びたい。


さくたろう



少しの時間が過ぎて自分の中にあるさくたろうへの想いを確かめてみる。
抑えきれないほどの愛情で溢れている。
これだけは微塵の濁りもなく全力でさくたろうに向かっている。
さくたろうと出会った日からこれまでずっと。


さくちゃん、

この想い、さくちゃんには届いていたかな?




きっと届いてたよね。

さくたろう


さくちゃん!

さようなら

ありがとう


ブログランキングに参加中です☆
さくたろうに応援のクリックお願いします
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村
 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
さくのこと | tb:0 | cm:16 | top |

  永眠


2014/09/05(金)


ほんの少し落ち着いてきたのでご報告させていただきます

平成26年8月26日 午後6時
さくたろうが永眠しました

前回の記事を書いた数時間後の突然の出来事でした
心臓発作によるものです

いつものようにゴロゴロ言いながら甘えて遊んで
いつものように一粒ずつカリカリを食べさせてあげて
いつものように食後のパトロールで2階へ登って行ったその時でした

突然大きな物音が聞こえたので、あわてて2階へ行くと
さくが横たわっていました
程なくして呼吸も心臓も止まってしまいました

さくたろうの名前を呼びかけ
パニック状態になりながらも人工呼吸等を試みました

獣医さんも家まで駆け付けて下さいましたが
もう手の施しようが無く…

本当にあっという間の出来事でした



今僕らはとても深い悲しみの中におり
どう受け止めていけばいいのかわかりません

でもいつかは前を向いていこうと思っています


 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
ごあいさつ | tb:0 | cm:17 | top |

home
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。