--/--/--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | top |


2010/12/28(火)


年末でなにかと忙しいですね。
ネットを繋ぐ時間もあまりありません。
なんで年末は忙しいんでしょうね。
年内に終わらせたいことがいっぱいあるからですよね。

それって夏休みの友(宿題)を8月31日になってから
必死こいてやっている状態と同じようなものでしょうか。

そもそも夏休みの友なんてネーミングが腹立ちます。
僕は友達だなんて思ったことは一度もありません。


というわけで楽しかったクリスマスもあっという間に終わってしまいました。


あの後さくたろうはこんな感じでした。

さくたろぐ

そして25日にはなんとなんと

さくたろうくん(1)にお届け物です。
さくたろう

差出人は銀蔵くん

そう、★Angel Book の皆様からクリスマスの贈り物をいただきました。

箱に貼られた切手にはサッカーの岡野選手の切手がありました。
フランスW杯を決めたあの感動的なシーンです!!

さくたろうの目がランランとしてきましたよ。

箱っ♪箱っ♪箱っ♪あけてっ♪
はこ猫

中にはケーキがたくさん。
そしてドライカレーの素とかわいいかわいい湯たんぽ。
湯たんぽはYasuがとってもうらやましがってた。
さくちゃん、取られないように気をつけなよ!
そしてお手紙も。本当にありがとうございました。

クリスマス



さくはピンクのわらわらしたやつ(名前がわからない)に夢中です。

くんっと噛んで引っ張るのを繰り返しています。
わらわらしたやつ

ケーキは美味しくてバクバクといただいちゃいました。
そして超失礼なことに画像をとるの忘れてた。(←最低)
食い意地がはってるみたいでちとお恥ずかしいです。スミマセン…

★Angel Boook の皆様ほんとうにありがとうございます!!
こんなケーキが作れるなんて本当にすごいですよね。
しっとりしてて美味しかったです。


むむむ、さくたろぐもプレゼント企画をやってみようかな…
手作りケーキなんてつくれないので
とてもちっぽけなものしか用意できないけれど少し考え中です。
しかし何をどうすればいいものか…

さくたろうに応援のポチッお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ←Click!

人気ブログランキングへ←Click!
いつも応援してくれてありがとニャ

スポンサーサイト
 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
季節行事 | tb:0 | cm:4 | top |


2010/12/25(土)


メリークリスマーースっ!!

さくたろうと過ごす初めてのクリスマスです。


この日のためにさくたろうに内緒でプレゼントを用意しました。

これはそのプレゼントにラヴ注入しているところです。笑
クリスマスプレゼント
おきまりの39のナンバリングです。

「指がい"だい"~~」

と連呼しながらYasuがせっせと縫いつけてくれました。


できあがりはこんな感じです。
さくたろう

このぬいぐるみはすこし前にMUJIで偶然見つけました。
なんだかとても可愛かったので迷わず買ってしまいました。


そんでもってレジに並んでいる間にですね、いつもの妄想癖が出てしまいまして。。。

「この部分に39の文字をつけてぇ~」とか
「これに寄り添うさくたろうの姿はきっと可愛いにちげーねー」とか。

ぬいぐるみを手に、それはそれは気持ち悪い顔でニヤけていたと思います。


こんな人に遭遇したら自分なら迷わず逃げます。
全力で逃げます。

気をつけましょう。


そしてついにプレゼントをやっと渡す事ができました。
さくたろぐ
ペロペロしてガジガジして…

ところで、
クリスマスパーティーって誕生日みたいに歌を歌うんでしたっけ?

Yasuとふたりで「どうだっけ?」と話していました。
きよしこの夜はなんとなくパーティーのエンディングに歌う様な気がしますよね…サライ的な感じで…



まぁ何だっていいやってことで

ベリーベリーハッピーハッピーメリーメリークリスマースっ!!
かんぱーい!!!


僕はA.K.DAMMというスペイン産のビールをいただきました。
輸入ビールを飲むのが楽しみなんです。
いつかは現地でフットーボールを観戦しながら飲んでみたいなぁ。


そしてこの日はさくにも協力してもらって
素敵な写真を撮影しましたっ!!!



あらためましてぇ


メリークリスマースっ!!!

メリークリスマス
いつもありがとニャ☆

あっ、還暦を迎えたじいさんではないですよ。


Yasuに言わせると
どうも赤いマフラーが猪木にみえてしかたがないらしい。


う~ん、たしかに。


でもさくちゃん、とても可愛いよ!


誕生日に引き続きみなさまに見守られてのクリスマス。
本当にいつも励まして下さってありがとうゴザイマス。
さくちゃん、楽しかったね。

燃える闘魂さくたろうに応援のポチッお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ←Click!

人気ブログランキングへ←Click!
いつも応援してくれてありがとニャ


 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
季節行事 | tb:0 | cm:11 | top |


2010/12/22(水)


さくたろぐへのご訪問ありがとうございます。
たくさんの励ましのコメントをいただいてさくは今日も元気にしています。
いつもありがとうございます。

さくたろぐ


今日はさくの心臓について少し…


さくが肥大型心筋症だと発覚し、その後は危険な状態になりながらも
さく自身のがんばりで奇跡を起こしてくれた。

それから投薬と通院ですこし安定していました。

しかし実はブログには書いていませんでしたが
さくたろうの心臓にはさらなる問題がありました。


その事がわかったのは奇跡の復活から数日後の事でした。


定期検査のために病院へ行き、エコーで心臓の検査をしました。
すると心臓のまわりに、あるはずのない黒い隙間がはっきりと写っていました。


「心嚢水貯留といって心臓のまわりに水が溜まっています。
 犬にはよくありますが、猫では私は初めてです。もちろんあり得ないことではないのですが…」


肥大型心筋症が発覚した時も同じようなことを言われました。
この若さの子が10日たらずでここまで心臓の壁が厚くなるなんて考えにくいと。


その極めて確立の低い事例がよりによってさくたろうのところへやってくる。
それも一度だけではなく二度も…


答えも理由も見つからないけれど、きっと僕のせいなんだと思った。


さくちゃん、本当にごめんなさい。

スコティッシュフォールド


心嚢水貯留(心タンポナーデ)とは

心臓は袋に包まれているそうで、心臓とその袋の間に水が溜まってしまう状態です。
心臓のまわりに水が溜まることで心臓を圧迫してしまいます。
ただでさえさくの心臓は内側からも圧迫されているのに…
心臓にとってはいつその機能が停止するかもしれない最悪の状態です。

針をさして水を抜く方法もあるのですが
その際の麻酔やさくへの負担を考慮するとできるだけ回避したいとのこと。


「とにかく利尿剤を増やして1週間様子を見ましょう。
 様子がおかしかったらすぐに連れてきて下さい。」


しかし正直なところ、利尿剤が心嚢水の排出に効果があるのかなんてわかるわけもなく、
ただ出来ることを実践して祈るだけでした。


利尿剤を増やしすぎると腎臓への負担が増えてしまうのですが
今はとにかくこの心嚢水をなくすことが最優先です。


先生からはあまり良い状態とは言えないので
何かあればすぐに連れてくるように言われました。


ずーんと肩に重たい物を乗せたような感覚に襲われてしまいました。
ネットで同じような症例がないか探しましたが殆ど見つからず
あっても利尿剤の効果が得られず辛い結末を迎えられたというものでした。


やりきれない思いに押し潰されそうになりました。
でも、さくが起こしてくれた奇跡の意味をもう一度考えてみました。
さくはこんなに辛い状態なのに僕たちのことを信頼してそばにいてくれている。


まだまだだ!


こんなところで僕たちの心が折れてしまってはあまりにもさくたろうが不憫すぎる。
あきらめない気持ちをさくたろうからもらったばっかなのにね。


少しだけ泣いた後は、もう泣かないと決めました。



それから一週間、さくたろうは穏やかに毎日を過ごしてくれました。
そして経過観察の為に病院へ行き、再度エコー検査を受けました。


すると


あの時はっきりとあった黒い隙間はほんの少しだけ小さくなっていました。
エコーを見ている先生も笑顔で小さくガッツポーズをしていたのを憶えています。


泣かないと決めたのに泣きそうになりました。
嬉しくて泣くことは悪いことではないんだけれど、一応人前なのでね。苦笑


更に一週間後の検査ではほぼわからないくらいにまで無くなっていました。




そして一昨日、


心嚢水は消えていました。


エコーを見た瞬間に心の中で叫びました。


うおぉぉぉぉーやたぁぁぁぁーっ!ぐらしあぁぁーす!


出来ることならさくたろうを高く抱き上げてアハハハハッと笑いながらくるくると回りたかった。
もちろん僕にも理性はあるので耐えた。というか帰ってからする事にした。


この結果で次の診察日は年が明けてからということになりました。
ほぼ毎週通院してきたさくにとっては嫌いな病院へ行かずに済むので
こんなに嬉しいことはないでしょう。(看護師のお姉さんのことは好き)

お薬については、現状で安定していることと
今のところ腎臓への負担も見られないので今までのペースを維持していくことになりました。
がんばれぇ、Yasu!!

さくたろう


ここ数日間ずぅ~っと心嚢水のことで頭がいっぱいでした。
そんなものとっとと消えてなくなれと思っていました。

その心嚢水がまたまたさくのがんばりで消えていった。
これは決して奇跡なんかじゃない。
奇跡さんには悪いが、さくが頑張ったのだ!
だから当然の結果なのだ!

僕たちが一番望んでいた物をさくたろうが届けてくれた。
とっても嬉しいクリスマスプレゼント。
さくたろうってば男前やね!
そりゃ看護師のお姉さんにも可愛がってもらえるよね(←うらやましい


またさくたろうから大切なものを教えられた。
言葉で会話することは出来ないけれど
こうやって生活の中でいつもさくたろうは僕たちに語りかけてくれているんだなぁ。


そういや街はすっかりクリスマスなんだね。
さくと迎える初めてのクリスマスも楽しみだねぇ。

さくたろうに応援のポチッお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ←Click!

人気ブログランキングへ←Click!
いつも応援してくれてありがとニャ


 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
肥大型心筋症 | tb:0 | cm:14 | top |


2010/12/20(月)


箱の中やらハンモックの上やら…

さくはその日その時の感情で日向ぼっこの場所を決めています。


そして今日は


和室です。


なんだかいい感じです。
さくたろぐ

いつもここから公園や空を静かに眺めています。


真剣なまなざしで外を見つめているけど
いつも何を考えてるのかなぁって気になって仕方がないです。


時々、前を通りかかったおっさんに話しかけられとります。


ぽっかぽかで今にも寝落ち寸前のさくたろうくん。

さくたろう

あとなぜか、ごはんを食べた後はこの座布団の上で顔を洗います。

要するにさくにとってはこの座布団が洗面所ってことですね。

この上で洗うと、よりキレイになるんですよ、きっと。
その事はさくだけが知っているんです。



さて今日は病院で診察の日です。

実に約10日振りです。
ここ最近の通院ペースは1週間から10日に1回になってきています。
このままのペースが続くように頑張ろう!

というわけで今日もわんさか荷物を抱えて行ってきます。

さくたろうに応援のポチッお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ←Click!

人気ブログランキングへ←Click!
いつも応援してくれてありがとニャ


 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
さくの日常 | tb:0 | cm:8 | top |


2010/12/17(金)


さくたろうが日向ぼっこに使っている箱。

スコティッシュフォールド

程よい大きさでさくたろうにぴったりです。

箱にプリントされているのは私たち夫婦が応援しているフットボールクラブです。
今年は驚異的な弱さでJ1からJ2という下のカテゴリに降格してしまいました。泣

それはさておき、

この箱、我が家にとっては欠かすことの出来ない大切な箱なんです。

さくたろう

さくたろうが通院する際に大活躍してくれるのです。

さくたろうは病院へ行くのが嫌いです。
特に診察台の上からは早く逃げ出したくて仕方がありません。

そこでこの箱の出番です。

この箱にさくたろうの大好きな緑のブランケットを敷いて
箱ごと診察台の上にのせてもらいます。
そしてこの箱に入ったまま診察を受けています。

もちろんエコー検査等は無理ですが、
この箱があるだけでさくも少しだけ安心できるようです。

ただ、キャリーバッグに箱、そしてブランケット…
病院の待合室を見渡してもいつもこんなに大荷物なのはに私たちだけです。
ほんの少しだけ恥ずかしくもあるのですが、
甘えん坊王子のさくたろう様ですからこれくらいで丁度いいのです。


家にいる時もマッサージを兼ねて体に異変がないかチェックします。
そのために毛ツヤ用のブラシを買いました。
これいもちょいっと39番スタンプを押してさくたろう仕様にしてみました。

さくたろぐ

これでブラッシングするとさくたろうはなんともいえないうっとり顔になります。
それにつられて私たちもうっとり顔になるわけですね、当然のことながら。
相当なバカ面をしているのは自分自身でも薄々気付いています。
そのバカ面を自分では見ることが出来ないのがせめてもの救いです。


甘えん坊王子に応援のポチッお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ←Click!

人気ブログランキングへ←Click!
いつも応援してくれてありがとニャ


 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
肥大型心筋症 | tb:0 | cm:12 | top |

  星に願いを


2010/12/15(水)


ふたご座流星群。


見えましたか?


私は生まれてこのかた流れ星という物を見たことがありません。
見たことがあるのはスペースマウンテンに乗った時くらいです。笑

昨夜は流星群がよく見えると聞いて何の知識も持たずにひたすら空を眺めてみました。
ところがいつまでたっても空の様子はちっとも変わらりません。

ひょっとして…

そもそもこれって肉眼でも見えるのだろうか?
あのバズーカみたいな望遠鏡がないと見ることが出来ないんじゃないのか?

と、もの凄く根本的な部分に疑問を感じ始めました。
だって、意味なくひたすら空を眺め続けている私はただの不審者なわけで…

でもせっかくだからもう少し眺めていよう。
そう決めた時でした。


ひとすじの光が静かにスゥーッと流れて行くのが見えました。


とても幻想的で私たちが生きているこの世界には
想像を遙かに超える不思議なことで溢れているんだなと思いました。


その後も数分おきにいくつかの流れ星を見ることが出来ました。



「星に願いを」


流れ星にお願いをするとその願いがかなうと言われています。


今回は流星群なので少しズルいのかもしれませんが
さくのことをお願いしました。
そして病気と闘う全ての猫ちゃんに幸せが訪れるようにと。


いつまでも飽きずに窓から空を眺めているとさくたろうが足元までやってきました。
そこでさくを抱きかかえて窓の外を見せてやりました。

するとまさにその瞬間、
大きな大きな流れ星がスゥーッと流れていきました。

さくたろうと一緒に流れ星を見ることが出来たのです。

さくは何か願い事をしたのかな?
さくと一緒に見た流れ星の軌道はずっと忘れないよ。

P1110417.jpg
大好きな布団とお気に入りの緑のブランケットにくるまってぐっすり!
さくちゃん、願い事がかなうといいね!


ディズニー映画「ピノキオ」の名曲「星に願いを "When You Wish Upon a Star"」
この曲を聴くととても穏やかな気持ちになります。
とても大好きな曲なのでさくにも聞かせてあげないと!


さくたろうの夢が叶うようにポチッお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ←Click!

人気ブログランキングへ←Click!
いつも応援してくれてありがとニャ


 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
さくの日常 | tb:0 | cm:10 | top |


2010/12/13(月)


さくたろうは毎日お薬を飲んでいます。

心臓のおくすり
血栓予防のおくすり
利尿剤

この3つです。

病院の先生と相談したり、さくたろうの体調や腎臓への負担を考えて
一番バランスの取れた容量を模索している所です。


現在は

心臓のおくすり 1日3回
血栓予防のおくすり 1日1回
利尿剤 1日4回

というペースで飲んでいます。

利尿剤は1日3回にチャレンジしたのですが、さくの調子が良くなさそうだったので
1回ごとの容量を減らして回数を4回に増やしました。


とはいうものの1日3回のものと4回のものがあると
結構ややこしくなってしまいます。


そこで


時間割表を作成しました。

さくたろぐ

いつもさくたろうと一緒にこれを指さして確認してからお薬を飲むようにしています。
お薬は錠剤のものをすりつぶして粉状にし、それをフードに振りかけて混ぜて食べています。

フードにも色々と医療食があるようで、いまはヒルズのk/dという
心臓や腎臓に良いとされているものを食べるようにしています。



さくのためにできることのひとつといっては大袈裟ですが
よくなるようにと願いを込めてこんなものを作ってみました。


お薬の袋です。 (Nuestro tesoro 39 = 私たちの宝物 さく)
さくたろう
クラフト紙にプリントしたものをカッターでせっせと切って。
裏面には薬の時間を記載しています。

さくちゃん、この薬袋はどう?気に入ってくれた?
P1110033.jpg

あぐっ!
P1110019.jpg



そしてもうひとつ


さくたろうダイアリー
さくたろう
さくのためにできることをメモしたり、日々の観察日記として使おうと思います。


名付けて「さくのためにできることノート」
さくたろう
トイレの回数や量、遊んだ事など、なんでも書いていきます。


元気でいる時の事って意外と憶えていないことがあるんですよ。
なので元気にしている時の行動を記録しておくことも大切です。

そして気付いた事はすぐに書く。
後でってなると絶対に忘れてしまいます。

100円ショップに行くといつもそれで困ってます。
「あう~、何か買わないといけないものがあったのにぃ~」って。

そうならないように、さくたろうのことは必ずその場で書くようにしています。



さくたろう

さくのためにできることとしては、薬袋やノートなど些細なことかもしれません。
でもそのひとつひとつに気持ちを込めて作っています。
ノートを書きながら、また薬の時間割を見ながらさくたろうにたくさん話しかけています。
その何でもない日々の行動がさくにとっても安心できる日常であればいいなと思っています。

最近では我が家はすっかりさくたろう中心の生活になりました。
そのせいかさくたろうはとても甘えん坊で、王様気取りになってしまいました。

甘えん坊のさくも、王様気取りのさくもとても可愛らしゅうございます。


キングさくたろうに忠誠のポチッお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ←Click!

人気ブログランキングへ←Click!
いつも応援してくれてありがとニャ


 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
肥大型心筋症 | tb:0 | cm:8 | top |


2010/12/09(木)


今日はさくたろうのお誕生日です。
たくさんの方からお祝いのメッセージをいただいてさくたろうは幸せ者です。

今日という日は我が家にとってとてもとても大切な日です。

さのすけの時は一度もお誕生日のお祝いをしてあげる事が出来ませんでした。
そのことはいつまで経っても悔やんでも悔やみきれません。

そしてさくたろうも肥大型心筋症という病気になり
一時は治療を断念し、明日をも分からない状況になりました。
ずっとずっと楽しみにしていたさくたろうの誕生日だったのに
またしても祝ってあげる事が出来ないかもしれないととても不安な気持ちになりました。

でもさくの頑張りのおかげで、今日という日を笑顔で迎える事が出来ました。
それどころかたくさんの方からもお祝いの言葉を頂戴しました。
こんなに幸せな事はありません。


今日はさのすけも一緒にケーキでお祝いです。
まっ、食べるのは私達ですけど。笑

さくたろぐ

ローソクを1本立てて、♪ハッピーハッピーバースデー!!


ケーキと一緒に記念撮影をするさくたろう(1)。
さくたろぐ
さくたろう(1)は甘くておいしそうな香りのケーキが気になって仕方がありません。

もう食べたくて食べたくて必死です。
さくたろぐ
制止する腕に思いっきり力を入れて
隙あらばペロッとしてやろうと機会をうかがっています。

このあと隙を突いてクリームの部分をペロッとしてしまいました。


今日は朝からさくたろう(1)に何度も何度もお誕生日おめでとうを言いました。
何回言っても言い足りないくらいです。


今から来年の誕生日が楽しみです。

あっ、その前にクリスマスがあって
お正月があって
その次はバレンタインのチョコレートをいっぱいもらおう!
まだまだたくさんイベントが待ってるぜ!
さくが一緒にいてくれたら何でも楽しくなるね。


最後にもう一度、

さくたろうくん、お誕生日おめでとう!
そして大きくなってくれてありがとう!
ウチの子になってくれてありがとう!


さくたろう(1)にお祝いのポチッお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ←Click!

人気ブログランキングへ←Click!
いつも応援してくれてありがとニャ






 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
季節行事 | tb:0 | cm:18 | top |


2010/12/08(水)


ぽかぽかと暖かい日差しが差し込む時間帯

さくたろうは気持ちよさそうに寝ています。Zzz…

さくたろぐ
猫ちゃんが寝ている姿はいつ見ても幸せな気分になります。
まるりと寝ている姿も好きですがこのポーズも大好きです。

結論:何をしていても可愛いもんは可愛い。



今回も少し長くなりますが、肥大型心筋症発覚から三日間の集中治療の様子を。

さくの病気が発覚してすぐにさくたろうは酸素室の中に入ることになりました。
心臓と血栓予防のお薬そして利尿剤を点滴しました。

利尿剤は肺に溜まった水を排出するのが目的です。

この治療法をさくの状態が落ち着くまで続けていくことになりました。

点滴は長い時間が必要なので朝から病院へ預けて夕方に迎えに行く形をとりました。
入院することも可能だったのですが、この病院は夜には無人になること
そして先代のさのすけの事があったので迷わず通院する事を選びました。

とはいうものの家には酸素室がありません。

そこで病院から酸素室をレンタルし、ミサイルのような酸素ボンベを用意してもらいました。

最初は少し元気になってくれたのですが
日を追うごとにさくたろうの元気がなくなっていってしまいました。
呼吸が苦しそうでみるみる弱々しくなっていき、ごはんも食べなくなってしまいました。

そして迎えた3日目。

この日も朝から病院へ預けてきました。
夕方の迎えの時間まで待ちきれずに昼頃に面会に行ってきました。

酸素室の中のさくたろうは力なくぐったりしており
利尿剤でおしっこをしたくても自分のからだも支えられなくなっていました。
もうただ事ではないことは理解していました。

改善が見られる様子はなく、先生からは
治療を諦めて家へ連れて帰ることも選択肢のひとつとして考える時なのかもしれませんと言われました。

治療を諦めると言うことはつまりそういうことです。
もの凄く冷静にその言葉を聞きました。
今となっては冷静だったのかよくわかりませんが…


さくちゃん、よく頑張ったね!
もう腕の管も外してもらってお家に帰ろうね!


さくたろうの腕から点滴の管が外されました。
果たしてこの判断が良いのかなんて考えられるはずもありませんでした。
ただ、さくたろうの最後の記憶はいつも過ごした家の中であってほしいという思いだけでした。


そして帰る準備をしている時に突然さくの様子が急変しました。
ウエッウエッと口呼吸をしだしたのです。


先生は「もうダメかもしれません。」と小さく言った後に
「蘇生措置は行いますか?」とおっしゃいました。

「それをして蘇生できても意味はないんですよね」というと
先生は静かにうなずかれました。

苦しそうにしているさくたろうに対して
名前を呼びながら撫でてやることしか出来ませんでした。





しばらくして発作は治まりました。
少し落ち着くのを待って家へ連れて帰りました。

先生は外まで見送って下さり
「2日分入っています。3日目からの分を取りに来てくれると信じています」
と薬の入った袋を渡してくれました。

家へ帰る車の中、さくたろうはしっかりとした目で外の景色を眺めていました。
車を運転しながら、明日の朝もさくたろうに「おはよう」と言えますようにと祈っていました。

家では酸素室を作りませんでした。(さくが嫌がるので)
その代わりにネットで調べた情報を元に購入したエアチャージャー(人間用の酸素吸入器)を
さくの口元に当て続けました。

片時もはなれずにさくたろうのそばにいましたが呼吸は相変わらず苦しそうでした。



このままその時を待つことしか出来ないのかと
自分たちの無力さを痛感していました。



しかし



ここから奇跡がおこりました。



深夜になってさくたろうが少しではありますがごはんを食べてくれたのです。
そして自分の力でトイレに行っておしっこをしたのです。

その姿を見て大声で泣きそうになりましたが、必死で口を押さえてこらえました。

さくちゃん、もうすぐ外も明るくなるよ!
陽が昇ったら一番最初に「おはよう」と言わせておくれ!!

そんな気持ちを察してくれたのか、さくがゴロゴロと寄り添ってきてくれました。
今まで当たり前だったことがこんなにも嬉しいことだったなんて。



次の日もエアチャージャーを当て続けてお薬を飲みながら様子を見ていました。
このエアチャージャーは病院から借りていた酸素ボンベよりも風量がつよいので
多少なりとも効果があったのかもしれません。

少しずつ元気になってきたさくたろうはごはんの量も増えていきました。
調子が良くなると爪を研いだり、階段を登ったりするようにまでなりました。


一気に希望が見えてきました!


よし、さくちゃん!
明日病院に追加のお薬をもらいに行って先生を驚かせてやろうな!



そして翌日。


先生はとても驚かれていました。
「奇跡といっていいと思います。過去に1例だけありましたけど、さくちゃんで2例目です。
 獣医の私がこんなことを言ってはいけないのですがご家族の愛の力かもしれません。」


愛の力よりも何よりも、最後まであきらめずに頑張っていたさくたろうの力です。
さくたろうにはウチにやってきた意味があり
病気になったこともきっと意味があり
そしてまだまだ生き続けることに本当の意味がある。
そしてそれを手助けするために私たちがいる。
今はそう思っています。



さくたろぐ
さくが落ち着くのを見計らってもう一度診察していただき
今後は投薬と週に2~3回の通院で様子を見ていこうという事になりました。


さくたろうは極度の病院嫌いで、いや、好き嫌いとかではなく
拒否反応がでてしまうほどなので、家に帰ってきたことが
何よりの良薬だったのかもしれません。

とはいえすべてが解決したわけではなく
さくたろうの心臓には大きな爆弾を抱えたままです。

しかしさくたろうが起こしてくれた奇跡の意味を
しっかりと受け止めようと思いました。
そしてこれからのさくとの時間を有意義なものにしていこうと誓いました。

ここにたどり着くまでいっぱいいっぱい涙を流しました。
でも今はこの出来事が私たちの原動力になっています。


さくちゃん、本当に本当にありがとう!
奇跡は諦めない事から始まるんだよね!
明日はお誕生日のお祝いしようね!

さくたろうに応援のポチッお願いします。↓↓
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
いつも応援してくれてありがとニャ




 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
肥大型心筋症 | tb:0 | cm:12 | top |


2010/12/05(日)


励ましのコメントやメール、本当にありがとうございます。
ひとつひとつの暖かいお言葉からたくさんの勇気をもらっています。
頭を撫でながらさくたろうにも伝えると嬉しそうにしています。
本当に本当に感謝です。



さくたろうの病気について少し書いておこうと思います。

さくたろうの様子がおかしく感じたのは呼吸の速さでした。
急いで病院へ行き診察してもらいました。

心臓音の聴診で雑音を確認し、レントゲンの結果は肺水腫でした。

肺水腫は単発で発症するものではなく必ず原因があります。
エコー検査の結果診断されたのは肥大型心筋症でした。


肥大型心筋症。


心臓の壁が厚くなる病気です。
心臓の部屋が狭くなってしまい血液をうまく送る事が出来なくなってしまいます。
さくの心臓の左上の部屋は膨張していました。


「非常に危険な状態です」


先生の口から出た言葉に頭の中が真っ白になりました。



血液の停滞により肺に水がたまる肺水腫を併発しており
肺にたまった水のせいで呼吸困難になっていました。

このまま放っておけば血栓が出来てしまい、麻痺や突然死が起こる可能性が高かったので
その症状が出る前にこの病気を発見できたのは不幸中の幸いでした。

その後、三日間にわたって通院による集中治療を行いました。
非常に危険な状態が続きましたが、さくたろうのがんばりで何とか落ち着きを取り戻してくれました。
現在は家で投薬治療をしながら週に2~3回くらい通院をしています。


随分と大雑把になりましたが、経過としてはこのような感じです。
今は時々しんどそうなそぶりをみせるものの、食欲もあり
落ち込んだ体重もすこしずつ戻ってきています。
機嫌が良いときはちょっかいをかけてきたりしてくれます。

このまま症状が安定できる様に、また腎臓への負担がかからない様に投薬量のバランスを見ている段階です。

さくたろぐ


病院での事や詳しい事はまた少しずつ書かせていただきますね。


この病気と上手く付き合っていける様に今はさくのために出来る事を全力でやっていこうと思います。
さくたろうとの幸せな時間をたくさん過ごせる様に!


さくたろうに応援のポチッお願いします。↓↓
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ  人気ブログランキングへ
いつも応援してくれてありがとニャ




 テーマ:猫のいる生活 / ジャンル:ペット
肥大型心筋症 | tb:0 | cm:6 | top |

homenext
Copyright (C) 2010 Sakutalog... All Rights Reserved.


,
:スコティッシュフォールド:インテリア:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。